2009年11月21日

はじめての家作りパーフェクトガイド!

家づくりの最初の一歩目は、みんな初心者なんです

家づくりは、多くの家族が一生に一度あるかないかです。そう、ほとんどの家族が家づくりについては初心者なのです。だから、あなたにきちんと幸せになる家づくりについて知って欲しいと思います。

あなたの家づくりの大切な一歩は現場を見ることです。なぜなら、あなたは、家がどうやって建てられるか知っていますか?はじめて、私たち翔建を訪ねてくるお客様は、大きく分けて2種類います。

家づくりについては初心者

・住宅雑誌やインターネットで情報だけをものすごく調べているお客様
・家を将来的に買いたいと思っているけど、よくわからないお客様

実は、どちらのお客様にもアドバイスしているのが、


まず、現場をみる!これだけです。


なぜなら、家づくりは、ヒトの手で行われるものです。

どんなに素晴らしい知識や情報を知っていても、

・実際にどんな職人さんが家づくりをしているのか?
・翔建は、お施主様の想いをどんな風に形にしたのか?

それは、見学してみないとわからないのです。


最初は、構造見学会もしくは完成見学会どちらでも構いません。とりあえず、実際の家を見ることが大切なのです。もちろん、見るのは一回だけでなく、納得できるまで、何度でも足を運んでいろんな家を見てください。

こんなことをお話しすると、もしかしたら住宅展示場で営業マンにしつこく営業された経験がある方もいるかもしれません。そういう時は、その工務店の理念や想いを読んでみてください。

きっと、その工務店がどんな想いで家づくりをしているか知ることができます。なぜ、私がこんな話をするのか?家づくりは、あなたにとって、一生に一度の大きな買い物だからです。あなたには、家を通じて幸せになって欲しいし、後悔だけは決してして欲しくないのです。

家づくりをする時の、私からの最初のアドバイスは


実際に現場に行ってみる!


【家づくりは、一生に一度の買い物とパートナー選び!】

あなたの夢を叶える家づくりの価格は、どうやって決まるのでしょうか?実は、家づくりでほとんどの方が悩まれるのが、家の適正価格についてです。家は一体いくらなのでしょうか?

熊本県在住で、30歳の役所に勤める公務員のS様の話です。


そのS様は、奥様のお腹に子供ができたころから、この子が小学生に上がる前には家が欲しいな~と思っていたそうです。そこで、テレビでよくCMが流れている大手ハウスメーカの住宅展示場に情報収集のために行ったそうです。アンケートを書き、展示場を見て回っていました。

すると、細身で30代くらいのさわやかな男性営業マンが笑顔でやってきて話しかけてきたそうです。色々と話をしているうちに、その営業マンの印象も非常によかったので、とりあえず参考に見積りをもらうことになりました。

その見積り金額をみて、彼はびっくりしました。なんと、4000万円といわれたそうです。そこで、S様は思ったそうです。


こんな先行き不透明な世の中で、家を買うのは諦めるしかないんじゃないかと・・・


でも、子供や奥様のために諦め切れなかったS様はインターネットで調べて、彼は地元にある工務店の見学会にも行ってみたそうです。そこで地元の工務店でも家づくりをしていることを初めて知ったそうです。

S様は、ハウスメーカーに話したときと同じように家づくりの夢や想いをその工務店の社長に話をしたそうです。その社長はすぐにまったく同じではないけれど、ほぼ同じような家であれば、2500万円ぐらいかな~とすぐに見積りをくれました。


これだけでも、約1500万円も違うのです!


なぜ、同じ家でこんなに価格が違うのか、どうしても信じられなかった彼は、その工務店の社長を連れてこの展示場の家と同じ家をお願いしたらいくらですか?と聞いたところ・・・

その工務店の社長が答えた金額は、約3000万くらいとのこと。全く一緒というわけではありませんが、彼の奥さんや彼の希望を十分に満たし、価格がやっぱり、1000万も違うのです!

家を作るプロ(工務店など)に相談家を買う時は、展示場に言って話を聞くだけでなく、家を作るプロ(工務店など)に相談することも大事だとS様は思ったそうです。

でも、S様が一番嬉しかったのは、工務店の社長がS様の話を聞きながら、家づくりで大切なことを教えてくれたり、間違った家づくりのときは、プロとしてきちんとアドバイスしてくれたことでした。

今では、工務店の社長と仲良くお話しているS様ですが、、最初は、しつこい住宅営業が怖くていきなり電話をかけるのはやめて、資料請求をしたそうです。

もし、あなたが家作りで失敗したくないと考えているなら、その工務店がどんな想いで家づくりをしていて、お施主様にどんな家づくりをしているのか知るために資料請求をすることをオススメします!

【幸せな人生と家づくりには、資金計画が大切です】

資金計画をきちんと立てる家を現金で購入するヒトは、ほとんどいません。家づくりをすることは、資金計画をきちんと立てることでもあります。

この資金計画を間違えると幸せになるための家づくりのはずが、家のためにお金を支払う苦しい人生になります。たとえば、住宅ローンを支払うために

・子供の春休みや夏休み、冬休みに楽しい旅行に行けない!?
・食費を切り詰め、たまにしていた外食もできない・・・
・お父さんは、お小遣いを減らされ、飲み会などのお付合いにいけない・・・などなど

資金計画を間違えたばかりに、多くのことを我慢、我慢、我慢!!そんな生活が何十年も続くことに、あなたは耐えられますか?

だって、家は買うことが目的ではなく、家族で幸せにすごすために多くの家族は家づくりをするのですから。しかし、あなたのことを考えていない住宅営業マンから家を買った場合、予算ギリギリの家を買わされ、幸せな生活がおくれなくなります。

せっかく幸せになるために買った家が、不幸のはじまりとなってしまうのです。もし、あなたが幸せな家族計画をお望みであれば、ぜひご相談ください。


あなたの人生が豊かになる、資金計画について精一杯アドバイスしますね!

家族や子供を守る家とは?

狙われているのはお金だけじゃない住宅に防犯性能をつけようとしたら、多くのお金が掛かると思っていませんか?

万が一のことに対して大金をかけるくらいなら、そのお金で、もっと使いやすくて見た目もいいキッチンや家具を買ったり、より大きな家を建てたほうがましだと思っていませんか?

実は、『防犯対策=お金がかかる』は間違った考えです。確かに警備保障会社の通報システムを入れたり、窓ガラスを割れにくいものに変えたり、赤外線やカメラをつけたりすればお金はかかります。しかし、これではいくらお金があっても足りません。

しかも、安心はお金をかければ手に入るというものではありません。お金をかけてさまざまな防犯設備を家の周りや中に取り付け対策しても、生活する中で、窓や玄関のカギをかけ忘れたり、通報システムのスイッチを入れ忘れたら全く意味がありません。


狙われているのはお金だけじゃない、あなたの命も危ない!


防犯対策を行う上で大切なことは、まずは「もしかしたら狙われるかも知れない!」という意識を持つことです。近年、警察の検挙率の低下により凶悪犯罪が増加かつ多様化していることをご存知でしょうか。

「ウチはお金持ちじゃないし」「取られるものやお金もないから」というノーテンキな考えでは、今の時代とても危険です。狙われているのは、お金や財宝だけではありません。あなたやあなたのご家族の命が狙われているかも知れません。

そんな中、大切なことは、“防犯意識”をもって生活をすることです。自分で今日から出来る対策もたくさんあります。

例えば、次のようなものがあります。


◆ 家族の情報をむやみに漏らさないようにする
「表札は苗字だけにする」「電話帳104への登録をやめる」「ぬいぐるみやインテリア雑貨など、一目で子供部屋だとわかるものを窓辺におかない」「女性や子供の部屋だとわかるカーテンはしない」「女性の下着を捨てる時は、カットしてから捨てる」「家族の情報が記載されているダイレクトメールやはがきはシュレッダーをかける」などがあります。


◆ 留守だということを悟られないようにする
「帰宅が夜になる時や天気予報で雨の日などは、洗濯物を部屋の中に入れてから出掛ける」「昼間、全てのシャッターや雨戸を閉めない」「室内でラジオやテレビの音を流しておく」「帰宅が夜になる場合は、室内灯をつけたまま出掛ける、またはタイマー付きの照明器具を使用し、夕方になったら照明が点灯するようにする」「車で出かけるときは、駐車場の真ん中に大人用の自転車を置いておく」「中長期不在のときは、新聞配達を一次停止する」など。

狙われているのはお金だけじゃないその前に、今、皆さんのご自宅の玄関や窓のカギはしっかり掛かっていますか。家の中にいるからといって犯罪者が入って来ないとは限りません。カギをかけずに生活している方は、今すぐにカギを掛けましょう。玄関はドアチェーンや補助錠も忘れずに。そしてこれを、しっかり習慣づけていきましょう。

また、身の回りでどのような犯罪が起きているのか、各都道府県の警察署のホームページで調べてみられることをオススメします。身の回りでおきている犯罪やさまざまな防犯対策について知ることができます。

2009年11月18日

充実のアフターメンテナンス

アフターメンテナンス
お客様とのなが~いお付き合い

有限会社 翔建は、「家」は完成したら終わりでなく、暮らしの変化や年月の経過で、お手入れをしながら住み継いでいくものだと考えています。ですから、有限会社 翔建では多くのメンテナンスメニューを持ち、なが~く快適に住んでいただくためのメンテナンスシステムを構築しています。


有限会社 翔建では、竣工したあなたの家を必ず定期訪問しています。大工道具を持参しているので、その場その場で建具等の微調整も行っております。特に不具合がなくても、点検の時に気になっていることをお気軽にご相談ください。やがて出るかもしれない不具合を未然に防ぐこともできるはずです。家も人間も定期的なメンテナンスが長持ちのコツですね。

新築のお客様には、お引渡し以後の1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年(1年後からは1年に1度の点検)をさせていただきます。また2年、5年、10年の定期巡回は重点的に点検し、建物を維持する為の計画的なメンテナンスのアドバイスもさせて頂いております。

また、スタンプカードを進呈し、ポイントにより商品をプレゼントするなんて 【サービス】 も行っていますので併せてお問い合わせ下さい。

定期点検
■ お引渡し

■ アフター点検(1ヵ月後)

■ アフター点検(3ヵ月後)
・住みゴコチはいかがですか?
・何か不具合はありませんか?
・家のお手入れ方法のアドバイスもおまかせください。

■ アフター点検(6ヵ月後)

■ アフター点検(1年後)
・目に見える金物の増し締めや、外部木部のチェックを行ないます。
・木製建具の動きは?塗り壁は?
・慎重に確認いたします。

■ 以後、1年毎の定期点検を実施

■ アフター点検(10年後)
・総点検をいたします。
・耐用年数に近づいている設備機器のチェックも大切です。

有限会社 翔建 会社案内

熊本県 有限会社 翔建の会社案内です。
会社写真地図
社名(屋号) 有限会社 翔建
連絡先 郵便番号:869-1103
住所:熊本県菊池郡菊陽町久保田2803-10
アクセス:菊陽バイパス菊陽交差点近く 菊陽町役場より徒歩一分 水色の看板が目印です。
電話:096-292-3022
FAX:096-292-3043
設立 平成15年03月18日
代表取締役 長田道昭
資本金 300万円
業務内容 1.住宅の新築、増改築、別荘建築及び建物のリフォーム業
2.外壁塗装、防蟻工事
3.建築工事の設計、施工、監理
4.建具、家具、什器、照明器具、ユニットバス、キッチン、トイレ等の住宅設備機器の販売及び据付、施工
5.エクステリア工事、造園工事、園芸工事
6.太陽光製品の販売、据付工事
登録・許可 建設業許可番号:熊本県知事許可 (般-24) 第16463号
一級建築士事務所登録:熊本県知事登録第3661号
パナソニック わが家、見なおし隊 加盟店
LIXILリフォームネット登録店
第三者保証機関 ハウスプラス住宅保証㈱ 第N-65029号
住宅保証機構㈱ 第21019178号
㈱住宅あんしん保証 第0009196号
主要取引銀行 熊本信用金庫 菊陽支店
営業時間 9:00〜19:00
定休日 日、祝日定休

会社沿革

新築・リフォームを行う翔建は、2003年3月に設立して以来、多くのお客様に支えられ成長してまいりました。之もお客様の支えがあってこその事です。
これからも、地域密着の「快適な住まい作りのお手伝い」をモットーに、お客様との信頼関係を築き、お客様一人一人にあった快適な住まいを創り、皆様のお役に立てるよう努力を続けてまいります。

純粋であり、誠実・素直に人々との関わり合いを大事にする。
そんな人たちが集まる場所にしたい。
歴史を大切に受け継ぐ事、新しいことにチャレンジする事。
常に前向きに取り組み、一丸となり問題を解決すること。
南阿蘇村、熊本の地域発展に貢献したい。そのような思いからスタートしました。

有限会社 翔建 代表取締役 長田道昭


~沿革~


2016年7月
一級建築士事務所登録 熊本県知事登録 第3661号

2015年4月
規格型注文住宅『コンセプトハウス』発売開始

2013年1月
ホームページをリニューアル

2011年6月27日
建築事務所登録 二級建築士事務所 (熊本県)知事登録第5006号

2008年2月29日
建設業の許可取得 熊本県知事許可(般-19)第16463号

2003年3月18日
資本金300万円にて有限会社 翔建を設立。代表取締役社長に長田道昭就任

2001年4月
地場工務店を退社。南阿蘇村を中心に営業活動を開始。

2009年11月15日

ご挨拶

hagemen.jpg

私たちは、いま経済が不透明な社会に生き、生活しています。

私が思うのはお父様は給料が減る。お母様は財布のひもを締め、なんとか家計をやりくりされている。そして、子供たちは塾に部活にとお忙し…。このような情景が目に浮かびます。

しかしどうでしょう?このような時代にも家を新築し、家をリフォーム、リノベーションする方は確実にいらっしゃいます。
さて何が違うのでしょうか?

私の想像では、銀行からの融資の金利の上下、国などの税制優遇措置などの情報を敏感に感じ、タイミングをよくご存じの方が、住宅の新築、リフォーム問わず動かれているのだと思います。

今うーん違うだろう。考え方が間違っていると思われた方もいるでしょう?それも正解です。

人間ですので、考え方、価値観等、皆違うのです。

だから、私は人が大好きなのです。色々な考え方、価値観が加わればきっと良い家が出来る。そしてこれから会うであろう新しいお客様にも出会い、そして関わりたいと願っています。

末尾ではございますが、最後に「良い家を実際に作るのは私たち(翔建)かもしれませんが良い家を作る思い、形にしていくのはお客様ご自身です」。多少なり口だしをしてしまうかもしれませんが...(笑)

あくまで私たちは「快適な住まいのお手伝い」をさせて頂きます。
翔建 代表取締役社長 長田道昭

明るい協力業者の皆さま

翔建スタッフ

2013年の翔建主催の新年会の様子です。

協力業者様に協力していただけているからこそ翔建という会社が成り立っているそういうことを実感させられた新年会でした。また、時間の10分前に集まるという律義なところまで、感激しました。責任感が強く無理難題も協力していただき、克服してきました。明るい翔建の協力業者さまたちです。
皆さまが一同に集まるのはイベントのときのみですが、皆様今年も一年宜しくお願いします。

  1. ホーム
  2. 2009年11月08日 - 2009年11月14日«2009年11月15日 - 2009年11月21日»2009年11月22日 - 2009年11月28日